ジェイアール京都伊勢丹ジェイアール京都伊勢丹

住所
600-8555 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
電話番号
大代表:075-352-1111(大代表)

7F 美術館「えき」KYOTO

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリックー香りと装いの美
~アール・デコの香水瓶と化粧小物~
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリックー香りと装いの美※クリックすると拡大した
ものをご覧いただけます。

■11月29日(土)~12月26日(金)[会期中無休]
■開館時間:午前10時-午後8時
※ただし12月20日(土)から24日(水)は午前10時~午後8時30分 入館締切:閉館30分前
■入館料:一 般 900円(700円)、高・大学生 700円(500円)、小・中学生 500円(300円)
美術館「えき」KYOTOでICOCAが使えます。(当館の入館券をICOCAで決済できます。)
※( )内はご優待料金。対象:エムアイカード、JR西日本グループ会社カード(一部除く)をお持ちの方、ICカードでご購入の方(*1.2.3.)、前売および10名さま以上の団体、「障害者手帳」ご提示のご本人さまとご同伴者1名さま。
*1 ICOCA、Suica、PASMO、TOICA、manaca、SUGOCA、はやかけん、nimoca、Kitacaもご利用いただけます。
*2 当館ではICカードのチャージ(入金)はできません。事前にカード内残高をご確認のうえ、予めチャージをお済ませください。残高不足の場合にはご購入いただけません。
*3 PiTaPaはご利用いただけません。

■主 催:京都新聞
■協 力:公益財団法人北澤美術館、神戸ファッション美術館、Lalique SA、ジーケージャパンエージェンシー株式会社
■監 修:池田まゆみ(北澤美術館主席学芸員)
■企画協力:imura art planning
■前売入館券情報:
販売場所:美術館「えき」KYOTOチケット窓口:10月27日(月)~11月24日(月・祝)まで
京都駅ビルインフォメーション:10月27日(月)~11月28日(金)まで
■割引入館券情報:10月27日(月)~12月25日(木)
販売場所:チケットぴあ(Pコード766-430)、ローソン(Lコード58471)、セブン-イレブン(セブンコード033-572)、CNプレイガイド、ファミリーマート、イープラス、京都新聞文化センター、ほか各プレイガイド。


いにしえの昔から女性の心をとらえてきた装いの芸術「香水」。
20世紀初頭に香りの需要が飛躍的に伸び、それまで特権階級の贅沢品であった香水が、一般富裕層の手にも届くものとなりました。いち早く香水メーカーの要望にこたえ、さまざまな香水瓶を生み出したのが、ガラス工芸家ルネ・ラリック(1860-1945)でした。眼には見えない香りのイメージを美しい形に表した独創的な容器は、香りの歴史を塗り替える画期的な出来事でした。ラリックの香水瓶は、アール・デコのファッションとも結びつき、時代の流行を作り出してゆきます。
本展は、世界有数のガラス・コレクションを誇る長野県諏訪市の北澤美術館所蔵の所蔵品から、ラリックが制作した数々の香水瓶に焦点をあて、化粧小物やアクセサリー、パフュームランプと共に展示。ドレスやファッション・プレートと合わせ約160点をご紹介いたします。
女性美の崇拝者であったラリックにとって、香水瓶は一番愛着のあるジャンルでした。小さな世界にラリックのすべてが詰まったガラス芸術の粋をご堪能ください。

日本の色、四季の彩
染色家 吉岡幸雄展
染色家 吉岡幸雄展※クリックすると拡大した
ものをご覧いただけます。

■2015年1月2日(金)~1月18日(日)17日間[会期中無休]
■開館時間:午前10時-午後8時 (ただし、1月2日(金)、3日(土)、14日(水)は午後8時30分) 入館締切:閉館30分前
■入館料:一 般 900円(700円)、高・大学生 700円(500円)、小・中学生 500円(300円)
美術館「えき」KYOTOでICOCAが使えます。(当館の入館券をICOCAで決済できます。)
※( )内はエムアイカード、JR西日本グループ会社カード(一部除く)をお持ちの方、前売および10名さま以上の団体料金。

■前売:2014年12月1日(月)より2015年1月17日(土)まで販売。お求めは、ローソン(Lコード51747)、セブンイレブン(セブンコード034-200)、CNプレイガイド、ファミリーマート、イープラス、京都新聞文化センター、ほか各プレイガイドへどうぞ。
■主 催:京都新聞
■協力:東大寺、薬師寺、石清水八幡宮、染司よしおか、紫紅社
■企画制作:imura art planning
■問合せ:TEL075-352―1111(ジェイアール京都伊勢丹大代表)


京都の染色家、吉岡幸雄(よしおかさちお 1946-)。江戸時代から続く染屋の五代目で、日本古来の花樹草に宿る色を汲み出し糸や布を染める植物染を専門としています。奈良・東大寺、薬師寺、京都・石清水八幡宮など古社寺の伝統的な行事に多く従事し、日本の伝統色、伎楽衣装などを古法によって再現するなど、伝統文化保存、修復や普及活動を精力的に行っています。成田空港、羽田空港のアートディレクション、また海外の美術館や大学、大使館などで作品展や講演を開催するなど、活動は多岐に渡ります。本展では、伝統色にこだわり続ける吉岡幸雄氏の仕事を、日本の節句をテーマに染布、伎楽衣装や和紙の造り花などの作品で紹介します。
2009年京都府文化賞功労賞受賞、2010年菊池寛賞受賞、2012年NHK放送文化賞受賞。

【吉岡幸雄氏ギャラリー・トーク】
■2015年1月2日(金)、3日(土)、4日(日)、10日(土)、11日(日)、12日(月・祝) 各日午前11時から
■会場:美術館「えき」KYOTO
※マイクを使用し、館内を移動しながら解説致します。事前申込不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。イベント内容が変更、または中止となる場合がございます。予めご了承ください。

【吉岡幸雄氏トークショー&ドキュメンタリー映画「紫」上映会】
《吉岡幸雄氏の仕事を記録した2011年制作の映画/上映時間77分》
■2015年1月10日(土)開場:午後3時/開演:午後3時30分
■会場:キャンパスプラザ京都(JR京都駅「ビックカメラ」向い)
■料金:お一人さま1,000円(展覧会入館券付)
※チケットは12月6日(土)より美術館「えき」KYOTO、ローソン店舗(Lコード51760)で販売。
ゲスト:森本公穣氏(東大寺塔頭清凉院住職) 川瀬美香氏(映画「紫」監督・撮影)

※イベント内容に変更がある場合がございます。予めご了承ください。

※価格はすべて、税込です。
※数量に限りがございますので、品切れの節はご容赦ください。

ページトップへ