今後の展覧会

ミロコマチコ 
いきものたちの音がきこえる

2016.12.1 THU ~25 SUN

展覧会概要

~彗星のごとくあらわれた、今注目の絵本作家~
類まれな色彩感覚と独自の造形表現、豊かな言語感覚によって生み出される作品が各方面から評価を受けているミロコマチコ。また画家としてコンスタントに個展を開催、壁画や天井画などの大型作品も制作し、ライブペインティングなど精力的な活動で幅広いファンの支持を得ています。
2014年秋には、伊勢丹クリスマスキャンペーンのメインビジュアルとディスプレイを手掛け、大きな話題となりました。
本展は、代表作の絵本原画をはじめ、絵画・立体などの大型作品や最新作を含め、ミロコマチコの“今”を切り取ります。ライブ感あふれる展覧会にぜひ足をお運びください。

ミロコマチコプロフィール

画家・絵本作家。1981年大阪府生まれ。2003年京都精華大学人文学部人文学科卒業。
2005年より各地で個展を開催。2006年アートスクール梅田(現アートスクール大阪)絵本コース卒業。2012年『オオカミがとぶひ』で絵本作家デビュー。以降、作・絵を手掛けた絵本は、4作連続して主要な絵本賞を受賞。
近年はメルボルン、ヘルシンキ、イギリス等でも個展が開かれている。2016年4月にアートディレクターとして参加するNHK Eテレ「コレナンデ商会」がスタート。

主な受賞歴

『オオカミがとぶひ』(イースト・プレス、2012年)第18回日本絵本賞大賞
『ぼくのふとんは うみでできている』(あかね書房、2013年)第63回小学館児童出版文化賞
『てつぞうはね』(ブロンズ新社、2013年)第45回講談社出版文化賞絵本賞
『オレときいろ』(WAVE出版、2014年)ブラチスラバ国際絵本原画展2015 金のりんご賞

ミロコマチコさん来館情報

サイン会
日時:12月1日(木)/午前11時~正午(1時間程度)
12月4日(日)/午後3時~4時(1時間程度)
会場:美術館「えき」KYOTO
参加ご希望日の午前10時から、サイン会終了予定時間までに会場にて本展図録または絵本をお買いあげの方にサインをさせていただきます。
※美術館入館券は不要。
※サインは当日お買いあげの書籍のみにさせていただきます。
※持ち込み書籍やグッズにサインはできません。
※混雑した場合は、お一人さまの冊数を制限させていただく場合がございます。

 

ライブペインティング
日時:12月4日(日)/午後1時30分から(1時間程度)
場所:ジェイアール京都伊勢丹7階=子供服
絵=ミロコマチコ × 音楽=小林武文(パーカッション)

 

※観覧は無料。
※混雑した場合は、立ち見スペースの入場を制限させていただく場合がございます。
※イベントの内容が変更、または中止となる場合がございます。予めご了承ください。

フライヤー画像(クリックすると拡大します)

開館時間 午前10時~午後8時(入館締切:閉館30分前)
※ただし12月16日(金)・17日(土)・21日(水)~24日(土)は午前10時~午後8時30分
入館料(税込)
 当日前売・割引
一般 800円 600円
高・大学生 600円 400円
小・中学生 400円 200円
前売販売期間

10月31日(月)~11月30日(水)まで。
お求めは、当館チケット窓口(11月27日まで)、チケットぴあ(Pコード767-868)、ローソン(Lコード55655)、セブン-イレブン、CNプレイガイド、ファミリーマート、イープラス、ほか各プレイガイドへどうぞ。

※割引についてくわしくは、こちらをご覧ください。
※高校生以上の学生のお客さまは学生証のご提示をお願いします。学生証がない場合は一般料金となります。

主催 美術館「えき」KYOTO、毎日新聞社
協力 アルフレックスジャパン、あかね書房、イースト・プレス、岩崎書店、WAVE出版、学研プラス、ブロンズ新社
企画協力 世田谷文学館

見どころ

生き物たちは持っている。天気予報なんて見なくても明日が雨だってこと知っている。
時計なんて見なくても朝か昼か夜か知っている。
気配だけで敵か味方か分かる。
わたしみたいに服も着ないし、物も持ってないけど、いろんな感覚を持っている。
サバンナの動物も、ジャングルの鳥も、近所の野良猫も、庭の草花も。
そんな生き物たちを描くと、わたしも生き物になれるのです。

ミロコマチコ

会場では、5つの章に分けてそれぞれの「いきものたち」をご紹介します。

1.大地をふみならす
森のつちたちも サバンナのつちたちも ジャングルのつちたちも わたしの庭のつちたちも きっと全部繋がっていて そこでいきものたちが ずっとずっとみんな同じに生きている

上:<ホッキョクグマ>2015年、
アルフレックスジャパン所蔵

左:<シマウマ>2010年

2.そらを吹く
いつもより風が強い そんな日はいきものたちがさわいでいる 空をぐるぐる回る鳥たち 羽の一枚一枚に世界が詰まっていて わたしは息をのんでしまう 小さくて大きい世界がたくさんありすぎて

絵本「オオカミがとぶひ」より 2012年

<鳥の羽の中の宇宙(ヨタカ)>2016年

3.ひびく夜
あかいつきのした においがしたらそこにいる よなよなあつまるいきものたち あかいひかりがひゅうひゅうおりて ひとばんじゅう、おどりあかそう

ここではミロコマチコ最新の絵本
「けもののにおいがしてきたぞ」の
原画を展示します!
お楽しみに!

<グランドガゼルもまってる>2010年

4.芽生えのうた
たいようがひかりのねっこを伸ばすと 草も花も木もそれに向かって伸び返す ねっこのような気持ちで絵の具を伸ばすと 絵が伸び返してくれるような気がする いきものたちのような ゴウゴウと音が聞こえるような

<ライチョウ>2014年

絵本「オレときいろ」より 2015年

5.庭のこえ
サバンナやジャングルのたくましいいきものたちのように 小さな庭にも虫や猫や植物が生きている 今日しか会えないその姿を 明日には変わってしまうその形を わたしは絵に描きたくなる

<ベランダにくるキジトラ>2015年

今回の展覧会に合わせ、図録を販売いたします。
ミロコマチコの魅力がぎゅっとつまった1冊です!

「ミロコマチコ いきものたちの音がきこえる」
… 2,300円(税込)
※数量に限りがございますので、品切れの 際はご容赦ください。

 

Page Top