展覧会概要

月岡芳年(1839-1892)は、江戸から明治へと急激に変遷する時代に活躍した浮世絵師です。
浮世絵の需要が失われつつあった当時において最も大成した絵師であることから、「最後の浮世絵師」と称され人々を魅了し続けています。
本展は、日本屈指の芳年コレクションとして知られる西井正氣氏所蔵の作品によって、芳年の初期から晩年に至るまでの代表作を網羅した回顧展です。歌川国芳に入門して浮世絵を学んだ芳年は、時代の変革にあわせ西洋画の研究も行い、人物描写や構図において近代的な感覚をみせました。その大胆な構図、鮮やかな色彩、人物のアクロバティックなポーズは、現代の目で見ても驚かされるものばかりです。歴史画、物語絵、美人画など幅広いジャンルの約130点により、芳年の巧みな技と、豊かな想像力、卓越した画面構成のセンスをご堪能ください。

※本展には一部、残酷な描写が含まれる作品が出品されます。小さなお子さまの観覧については、保護者、引率の大人の方がご判断ください。

ギャラリー・トーク

開催日:4月1日(土) 午後2時から/約30分
会場:美術館「えき」KYOTO
講師:西井正氣氏(本展所蔵家、日本画家)
進行:当館学芸員
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。

モーニングミュージアム(団体さま専用)

当館学芸員の作品解説を聞きながら、開館前の美術館でゆっくりご鑑賞をお楽しみいただけます。
会社、学校、その他グループで、ぜひご利用ください。
開始時間:午前9時から9時30分のあいだ(午前10時には終了します。)
作品解説:約30分

【申込方法】
・実施希望日の1週間前までにお電話でお申込みください。
お問合せ:075(352)1111[大代表]
・チケットのお支払は当日でも可能です。(団体料金×人数分)
※最低催行人数は20名さまです。
※このイベントで招待券はご利用いただけません。
※お申込みの際、希望日を3つ程度挙げてください。
※ご希望にそえない場合がございます。予めご了承ください。

フライヤー画像(クリックすると拡大します)

開館時間 午前10時~午後8時(入館締切:閉館30分前)
入館料(税込)
 当日前売
一般 900円 700円
高・大学生 700円 500円
小・中学生 500円 300円
前売販売期間

2017年2月27日(月)~3月31日(金)まで。
お求めは、当館チケット窓口(休館日を除く)、チケットぴあ(Pコード768-109)、ローソン(Lコード55221)、セブン-イレブン、CNプレイガイド、ファミリーマート、イープラス、京都新聞文化センター、京都駅ビルインフォメーションへどうぞ。
※高校生以上の学生のお客さまは学生証のご提示をお願いします。学生証がない場合は一般料金となります。

主催 美術館「えき」KYOTO、京都新聞
企画協力 株式会社アートワン、神戸新聞社