ねこを通して京都を見る。
京都の風土に生きる
ねこを撮影していたら、
いつの間にか、敷居が高いと
思っていたはずのこの都が、
心地よくなっていた。
彼らの生き様が
古の都の文化を息づかせている。
そう、ここは
ねこが案内してくれた
「ねこの京都」。
岩合光昭

展覧会概要

岩合さんが、京都のねこを撮りました。春夏秋冬…移り変わる京都の街。
そこに生活する“ねこたち”との様々な出会いがありました。岩合さんの写真から、ねこを通してどんな京都が見えてくるのでしょうか。本展では、約150点の作品をご紹介します。写真集やオリジナルグッズも販売します。

岩合光昭 プロフィール

1950年東京生まれ。地球上のあらゆる地域をフィールドに活躍する動物写真家。
その美しく、想像力をかきたてる作品は世界的に高く評価されている。一方で、身近なネコを40年以上ライフワークとして撮り続けている。2012年からNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界ネコ歩き」の番組撮影を開始。著書に『ねこ』『ねこ歩き』『ネコライオン』『岩合光昭の世界ネコ歩き』『ふるさとのねこ』『ねこのとけい』『ねこの京都』などがある。

開館時間 午前10時~午後8時(入館締切:閉館30分前)
入館料(税込)
 当日前売
一般 800円 600円
高・大学生 600円 400円
小・中学生 400円 200円
前売販売期間

2017年4月10日(月)~5月17日(水)まで。
お求めは、当館チケット窓口(休館日を除く)、チケットぴあ(Pコード768-227)、ローソンチケット(Lコード57753)、京都新聞文化センター、京都駅ビルインフォメーションへどうぞ。
※高校生以上の学生のお客さまは学生証のご提示をお願いします。学生証がない場合は一般料金となります。

主催 美術館「えき」KYOTO、京都新聞
協賛 オリンパス株式会社
企画協力 株式会社NHKエンタープライズ
協力 株式会社堀内カラー、株式会社フレームマン
企画制作 クレヴィス