今後の展覧会

京都市美術館所蔵品展 描かれた“きもの美人”

2018.1.2 TUE ~21 SUN

展覧会概要

京都市美術館は1933(昭和8)年に設立された公立美術館です。開館以来、近現代美術作品の鑑賞と発表のための、西日本最大の舞台のひとつとして、戦後日本文化のなかで大きな役割を果たしてきました。同館所蔵のコレクションは多岐にわたり、近現代の日本画・洋画・彫刻・工芸・書・版画など約3,400点を所蔵しています。なかでも京都画壇で活躍した美術家たちの作品群は、他に類を見ない豊かさを誇っています。

本展覧会では、2019年度内のリニューアルオープンに向け、現在本館が閉館中である京都市美術館所蔵の数ある珠玉の作品の中から日本画を中心に、美しく艶やかに描かれた“きもの美人”約40点を紹介します。上村松園《人生の花》、菊池契月《散策》、堂本印象《婦女》、秋野不矩《紅裳》など、近代の画家たちが描いたさまざまな女性像をお楽しみください。

ギャラリー・トーク

市田ひろみ氏

会場=美術館「えき」KYOTO 各回約30分
①1月6日(土)/午前11時から
潮江宏三氏(京都市美術館 館長
②1月7日(日)・8日(月・祝)/各日午前11時から
市田ひろみ氏(服飾評論家)
③1月14日(日)/午前11時から
後藤結美子氏(京都市美術館 学芸員)
④1月15日(月)/午後2時から
山田 諭氏(京都市美術館 学芸課長)
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。

お着物で「きもの美人」鑑賞!

会期中、着物でご入館の方先着100名さまに、便利堂オリジナル絵はがきを差しあげます。
※お一人さまにつき、1点限り。
※なくなり次第、終了させていただきます。

フライヤー画像(クリックすると拡大します)

開館時間 午前10時~午後8時(入館締切:閉館30分前)
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
入館料(税込)
 当日前売
一般 900円 700円
高・大学生 700円 500円
小・中学生 500円 300円
前売販売期間

2017年12月4日(月)~2018年1月1日(月・祝)まで。
お求めは、当館チケット窓口(休館日を除く、12月25日(月)まで販売)、チケットぴあ(Pコード768-672)、ローソン(Lコード57672)、京都新聞文化センターなど。

※高校生以上の学生のお客さまは学生証のご提示をお願いします。学生証がない場合は一般料金となります。

主催 美術館「えき」KYOTO、京都市、京都新聞
協力 (株)便利堂

主な出品作品

本展覧会では「描かれた“きもの美人”」と称して、34名の作家による日本画、油彩画、着物の約40点を展示します。ここでは主な出品作品4点を見どころポイントとともにご紹介します。

1.丹羽阿樹子《ゴルフ》昭和初期
明治34(1901)年に完成した神戸の六甲山のホールが日本初のゴルフ場だそうです。本作品が描かれた頃には、ゴルフがホテルの遊戯場などでも手軽に楽しめる存在になっていたことがうかがえます。

2.海老名正夫《出を待つ》1979(昭和54)年
出番を待つ二人の舞妓。二人の視線をたどると、光がこぼれる華やかな座敷が想像できます。彼女たちはいったいどんな気持ちで待っているのでしょうか。

3.皆川月華《社交服 薫園遊禽之図》昭和初期
鮮やかな青色に咲き誇る薔薇や紅藤。大空を飛び交う蝶々や、花の周りを歩き回る雛がアクセントとなり、生き生きとした世界を引き出しています。さて、本作品の中には何羽の蝶々と雛が描かれているのでしょうか。

4.堂本印象《婦女》1948(昭和23)年
画家の近親者をモデルにした本作品。和洋様々なモチーフが描きこまれています。当時の女性たちの様子がうかがえる一作です。

*作品は全て京都市美術館蔵

Page Top