展覧会概要

日本刺繍作家、草乃しずか。
本展では、今回初挑戦した日本人が表現してきた文様や“日本刺繍の技法”を駆使した日本の伝統模様の刺繍、また“心に着せて”をテーマに、『出雲阿国』『紫式部』など歴史に残る女性たちへの振袖。そして、季節に合わせ“桜”をモチーフにした作品など、着物や帯など約100点で構成します。

<プロフィール>
日本刺繍作家。「アトリエ草乃しずか」主宰。石川県羽咋市生まれ。森山多喜子氏にフランス刺繍、丹羽正明氏に日本刺繍を学ぶ。NHK文化センター、東京アメリカンクラブなどで講師を務める。刺繍作品を制作するかたわら、暮らしの中での刺繍の楽しみ方を紹介。日本刺繍の普及を生涯のテーマとしている。日本各地での個展の開催のほか、近年は海外での展覧会やワークショップにも取り組んでいる。

私は日々の喜びや悲しみという感情をひと針に託してまいりましたが、いつからか日本人が愛し、育ててきた四季のうつろう様までも私なりの情感を重ねて表現するようになりました。私にとって刺繍は生きることそのものであり、その想いは年を重ねてなお、深まっているように感じます。繍仏から始まり、1500年という時を経て服飾美術からアートとしての刺繍へと移り変わってきた様は、私自身の創作の変遷ともつながっております。本展では、これまでに創作してまいりました代表作の桜に加え、私なりの歴史観を取り入れた新作など約100点を展観いたします。特に注目していただきたいのは、桜のモチーフをデザインと色彩で情感豊かに表現した作品、そして“心に着せて”をテーマにした歴史に残る女性たちへの振袖です。作品を通しての皆さまとの出会いを楽しみにお待ち申し上げております。草乃しずか

EVENT

草乃しずか ギャラリー・トーク
■日時:3月28日(水)・29日(木)・4月7日(土)・8日(日)/各日午前11時30分から(約30分)
■会場:美術館「えき」KYOTO
※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した場合は、入館制限をさせていただく場合がございます。

<アトリエ草乃しずか>の講師によるワークショップ

■日時:3月28日(水)・29日(木)/各日午後1時30分から(約2時間)
■会場:美術館「えき」KYOTO 南エレベータ前特設会場
■内容:「桜の桐小箱」桜の部分を刺繍します。小箱としてお持ち帰りいただきます。
■定員:各回12名さま
※初心者の方、子どもから大人の方まで男女問わずご参加いただけます。
■参加費:お一人さま 4,000円(税込)
※材料費含む。糸きりばさみは各自でお持ちください。
■参加方法:3月3日(土)午前10時からお電話にて、先着順で受付いたします。
電話:075-342-5692(お電話が繋がりにくい場合がございます。予めご了承ください。)
※1回の受付で2名さままで申し込み可能。
※定員になり次第受付終了となります。

フライヤー画像(クリックすると拡大します)

会期 2018年3月28日(水)~4月9日(月) 会期中無休
開館時間 午前10時~午後8時(入館締切:閉館30分前)
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
入館料(税込)
一般 800円(600円)
高・大学生 600円(400円)
小・中学生 400円(200円)

※( )内は前売および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまの料金。

前売販売期間

2018年2月24日(土)~3月27日(火)まで。
お求めは、当館チケット窓口(休館日を除く)、チケットぴあ(Pコード768-842)、ローソンチケット(Lコード54656)、京都新聞文化センター、など。

主催 美術館「えき」KYOTO、NHKサービスセンター、京都新聞
企画協力 アトリエ草乃しずか
協力 大和書房