展覧会概要

「新版画」という木版画をご存知でしょうか?日本では江戸時代に浮世絵が誕生したことで大量印刷が可能となり、庶民の間でも絵画が楽しまれるようになりました。盛り上がりを見せた浮世絵は時代と共に収束に向かいましたが、それらの技術は次の時代へと受け継がれ、大正から昭和初期にかけて新版画として発展しました。版元渡邊庄三郎が中心となり浮世絵の再興をするとともに、新たな芸術を創造していきました。
新版画のジャンルは浮世絵に従っているので美人画や役者絵もありますが、本展では風景というテーマに注目し、葛飾北斎や歌川広重などによって大成された風景画を、新しい形で表現した新版画の魅力に迫ります。川瀬巴水と𠮷田博の作品を中心に、日本各地の四季折々の情景を豊かな色彩で捉えた作品約100点で、新版画ならではの写実的な風景をお楽しみください。

ギャラリー・トーク

■会場=美術館「えき」KYOTO
①7月5日(木)/午前11時から(約30分)
森山悦乃氏(公益財団法人平木浮世絵財団 学芸員)
②7月8日(日)/午前11時30分から、午後2時から(各回約30分)
渡邊章一郎氏(渡邊木版美術画舗 代表取締役)

※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申込み不要。ご参加は無料ですが、美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。
※イベント内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。

フライヤー画像(クリックすると拡大します)

会期 2018年7月5日(木)~8月1日(水) 会期中無休
開館時間 午前10時~午後8時(入館締切:閉館30分前)
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
入館料(税込)
一般 800円(600円)
高・大学生 600円(400円)
小・中学生 400円(200円)

※( )内は前売および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまの料金。

前売販売期間

2018年5月18日(金)~7月4日(水)まで。
お求めは、当館チケット窓口(休館日を除く)、チケットぴあ(Pコード769-015)、ローソンチケット(Lコード53721)、など。

お得な特別先行チケット

ポストカード1枚付
■販売期間:販売中~6月3日(日)
■料金(税込):一般 600円/高・大学生 400円/小・中学生 200円
■販売場所:美術館「えき」KYOTO チケット窓口のみ

主催

美術館「えき」KYOTO、京都新聞、公益財団法人平木浮世絵財団

協力 渡邊木版美術画舗
企画協力 (株)アートワン