展覧会概要

洋画家・渡辺貞一(1917-1981年)は青森市に生まれました。兄の死をきっかけに画家を志すようになり、18歳で上京し川端画学校で学びました。以来、真摯な態度で制作に打ち込み、1941(昭和16)年には第16回国展に初入選するなど着実に画業を歩んでいましたが、自らも病に倒れ帰郷を余儀なくされました。その後二度に渡る出兵を経て、奇跡的に生き残り帰国した貞一は、国画会を中心に活躍し、幻想的で静謐な独自の画風を展開し続けました。
本展では、貞一の画風に魅了され長年作品を蒐集してきた京都在住のコレクター・中井昌美氏が青森県七戸町に寄贈された作品を中心に紹介します。また、貞一が所属していた国画会ができて今年で90年を迎えることを記念し、国展入選作品や会友優作賞を受賞した作品をはじめとする国展出品作品も展示し、初期から晩年に至るまでの作品を一堂に振り返りながら貞一の魅力に迫ります。
生涯にわたり故郷青森の北方性を透明な色感とマチエールによって描き、高い精神性を秘めた画家・渡辺貞一。澄み切った夜空に光り輝く北極星のような、研ぎ澄まされた世界をお楽しみください。

[国画会の成り立ち]
国画創作協会は1925(大正14)年土田麦僊と交流のあった梅原龍三郎を招き、さらに川島理一郎を加え第1部を日本画部とし、第2部として洋画部(現絵画部)を設置しました。(翌1926年が第1回国展に相当)そして1928(昭和3)年国画創作協会の解散に伴い、第2部は名称を「国画会」として独立し、定期展の通称「国展」もそのまま継承しました。

イベント

ギャラリー・トーク
■会場:美術館「えき」KYOTO ※各回約30分

①10月13日(土)午後2時から / 10月14日(日)午前11時から
「渡辺貞一とふるさと青森」
講師:對馬恵美子氏(七戸町立鷹山宇一記念美術館 研究員)

②10月20日(土)午前11時30分から / 午後3時から
「渡辺貞一とその時代」
講師:佐々木 豊 氏(洋画家・国画会会員)
聞き手:大竹真由(本展特任学芸員)


※マイクを使用し、会場内を移動しながら解説いたします。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。
※イベント内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。

  • 「時計台の風景」油彩、キャンバス
    1972(昭和47)年 七戸町蔵

  • 「川原の風景」油彩、キャンバス
    1973(昭和48)年
    八戸市新美術館建設推進室蔵

  • 「仮面の少年」油彩、キャンバス
    七戸町蔵

会期 2018年10月13日(土)~11月11日(日) 会期中無休
開館時間 午前10時~午後8時(入館締切:閉館30分前)
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
入館料(税込)
一般 800円(600円)
高・大学生 600円(400円)
小・中学生 400円(200円)

※( )内は前売および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまの料金。

前売販売期間

2018年9月7日(金)~10月12日(金)まで。
お求めは、当館チケット窓口(休館日を除く)、チケットぴあ(Pコード769-017)、ローソンチケット(Lコード51643)など。

主催

美術館「えき」KYOTO、京都新聞

後援

国画会

協力 七戸町、七戸町立鷹山宇一記念美術館、八戸市新美術館建設推進室、青森県立美術館