展覧会概要

切り絵画家、久保 修くぼ しゅう(1951年―山口県美祢市生まれ)。大学建築科在学中に切り絵に出会い、独学で切り絵の制作を始めます。スペインでの海外生活を経て、様々な素材を使い表現するミクストメディア(混合技法)と呼ばれる独自の技法を築きあげます。久保修の切り絵は、質感や立体感、遠近感を感じさせ、線の太さによって光と影を表現しています。描いた絵を和紙と重ねてアートナイフで切り抜いて制作しますが、残った黒い線が全てつながっているのが大きな特徴です。
旅行記の新聞連載や郵便ふるさと切手、年賀はがき、飲料缶など様々なところで作品が使われています。活躍は国内にとどまらず、2010年~ニューヨークを拠点に活動、また国際交流基金主催事業などでスペイン、ポルトガル、フィリピン、イラン、トルコ、中国、ロシア、キューバ、シンガポールなど世界各国を訪れ、切り絵を通じ継続的に日本文化を紹介しています。2012年には、日米桜寄贈100周年記念事業として、エンパイア・ステート・ビル、2014年にはロシア・モスクワ国立東洋美術館において展覧会を開催、また作品集も多数出版するなど活躍の場は広がっています。
当館において2回目となる今回は、季節の食材や京都の風景を切り取った作品など、約100点の切り絵を紹介します。

Born in Mine City, Yamaguchi Prefecture in 1951. Focusing on washi(Japanese traditional paper) in which Japanese people’s spirit lives, he established his own technique of mixed media where he gives artistic expression by coloring washi with pastel or acrylic paint and using different materials, such as cloth and sand. He suffered from the Great Hanshin-awaji Earthquake in 1995,witnessing a natural disaster that left huge scars on human history, lives, and heart. Since then,his theme has been “paper Japonism”and he has been traveling to all 47 prefectures of Japan while creating artworks that capture the ever-changing Japanese seasonal events/elements and energetic seasonal food ingredients. One hundred works are on exhibit at the museum.

イベント

久保 修 (撮影:タカオカ邦彦)

久保 修 ギャラリー・トーク
●会場:美術館「えき」KYOTO
●3月9日(土)・10日(日)・24日(日)・25日(月)/
各日午前11時から・午後1時30分から・3時から
●3月23日(土)/午後1時30分から・3時から
※各回約30分

※マイクを使用し、会場内を移動しながらお話します。
※事前申し込み不要。ご参加は無料ですが美術館入館券は必要です。
※混雑した際は、入館制限をさせていただく場合がございます。

見どころ!

菜の花、筍、鱧、鮎、トマト、とうもろこし、秋刀魚、カニ、など「二十四節気」の旬の食材を作家目線で切り取っています。どの食材も生命力がみなぎり、生き生きと表現されています。
京都の名所もどんな風に描かれているでしょうか。
皆さんがよく見かける「おたべ」のパッケージに使われている切り絵(春夏秋冬)もご覧いただけます。

フライヤー画像(クリックすると拡大します)

会期

2019年3月9日(土)~4月7日(日) 会期中無休

開館時間 午前10時~午後8時
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
入館締切 閉館30分前
入館料(税込)
一般 800円(600円)
高・大学生 600円(400円)
小・中学生 400円(200円)

※( )内は前売および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまの料金。

前売販売期間

2019年1月2日(水)~3月8日(金)。
お求めは、当館チケット窓口(休館日を除く)、チケットぴあ(Pコード769-415)、ローソンチケット(Lコード52404)など。

主催

美術館「えき」KYOTO、京都新聞

企画協力

imura art planning

■Museum「EKi」KYOTO (Kyoto Station Building 7th Floor)
■Exhibition dates:Saturday,March 9th, 2019 to Sunday,April 7th, 2019(open every day)
■Opening Times: 10:00 am to 8:00 pm (latest entry 7:30 pm) Please note that times may vary in accordance with JR Kyoto Isetan opening times.
■Entry fee (tax incl.): General 800 yen (600 yen), high school and university students 600 yen (400 yen), junior high school and elementary school students 400 yen (200 yen).
Please note that prices indicated in brackets apply to advance purchase tickets and to holders of a Physical Disability Recordbook and one accompanying carer.
■Advance purchase ticket sales dates:Saturday,Januaryr 2nd. 2019 to Friday, March 8th, 2019
Advance tickets may be purchased at Museum Eki Kyoto (excluding days museum is closed), or through Ticket
PIA (P-Code 769-415), Lawson Ticket (L-Code 52404) and other major ticket sellers.