開催趣旨

超絶技巧?そんな単純な言葉で説明することはできません。1年間毎日描き続けた365枚の自画像、1文字1文字をすべて書き写した新聞紙、10メートルの色鉛筆画―。吉村芳生が生み出した作品は、どれも超絶リアルでありながら、見る者の度肝を抜く凄みを感じさせます。 1950年、山口県に生まれた吉村芳生が一躍注目を浴びたのは2007年のことでした。この年に開かれた「六本木クロッシング 2007」展(森美術館)に出品された作品が大きな話題となり、吉村は57歳にして突如、現代アート・シーンの寵児となったのです。本展は吉村芳生の回顧展として、初期のモノトーンによる版画やドローイング、後期の色鮮やかな花の作品、生涯を通じて描き続けた自画像など、吉村の全貌を伝えます。2013年に惜しまれつつ早逝した吉村芳生の、ただ上手いだけの絵ではない、描くこと、生きることの意味を問いただす真摯な作品の数々を、ぜひその眼で目撃してください。

見どころ

①遅咲きの画家、吉村芳生の全貌を、初期のモノトーンの作品群、色鮮やかな花を描いた後期の作品群、生涯を通じて描き続けた様々な自画像などを通して3部構成でご紹介します。
②100点以上の自画像作品のほか、延々と金網が描かれた17mの作品や、横幅10mの色鉛筆画など、見ごたえのある大作もお楽しみください。

イベント

①5月11日(土)午前11時から/午後2時から(各回約30分)ギャラリー・トーク

冨田 章氏(本展監修者/東京ステーションギャラリー館長)
②5月18日(土)午前11時から/午後2時から(各回約30分)ギャラリー・トーク
吉村大星氏(画家/吉村芳生 長男)

《無数の輝く生命に捧ぐ》(部分)2011-13、色鉛筆/紙

《ジーンズ》1983、鉛筆/紙

《新聞と自画像 2009.1.22 ジャパンタイムズ》
2009、鉛筆・色鉛筆・水性ペン・墨・水彩/紙

会期

2019年5月11日(土)~6月2日(日)会期中無休

開館時間 午前10時~午後8時
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
入館締切 閉館30分前
入館料(税込)
一般 900円(700円)
高・大学生 700円(500円)
小・中学生 500円(300円)

※( )内は前売および「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまの料金。

前売販売期間

2019年4月6日(土)~5月10日(金)。
お求めは、当館チケット窓口(休館日を除く)、チケットぴあ(Pコード769-606)、ローソンチケット(Lコード52282)など。

主催

美術館「えき」KYOTO、京都新聞

企画協力

(株)アートワン