10月22日(月)/青森弁でなごやかに語る

ギャラリー・トーク開催。貞一をすでにご存じの方、知らない方も熱心に解説に耳を傾けておられました。

作品をお借りしている青森県・七戸町鷹山宇一記念美術館からお越しいただきました。青森弁でなごやかに語る、對馬研究員。
急遽、同行の遠藤学芸員(写真下)も参戦!
京都会場が貞一の故郷・青森の空気に変わりました。

マイクなしで、エネルギッシュに語る、洋画家(国画会会員)の佐々木豊先生。