1月15日(火)/花鳥風月展 人気商品ベスト3をご紹介します

美術館スタッフIです。
成人式も終わりましたね。当館でお着物でご入館のお客さまに先着でプレゼントしていた便利堂オリジナルポストカードも3連休で終了いたしました。お正月から成人式まで、皆さま艶やかで美術館スタッフも気持ちが華やぎました。

13,14日と京都市美術館学芸課長の山田諭さん、写真家の今森光彦さんにギャラリートークをしていただきました。
山田さんは学術的な話しではなく、作品を見て自分がどのように感じるか、同じモチーフを描かれている作品を見比べどう感じるかなど、お客さまとの掛け合いもある楽しい時間でした。
今森さんは写真家としての目線で動きあるモチーフ(被写体)をどのタイミング(シャッターチャンス)で描いているのか、またお住まいの町屋の坪庭での花鳥風月についてお話しくださいました。

さて今回は「花鳥風月」展での物販コーナー人気ベスト3のご紹介です。
1番人気はやはり本展展覧会図録です。
堂本印象の屏風、六曲一双の「松楓和鶴」を表紙にしています。
2番目は展覧会オリジナルポストカード。
3番目は当館展覧会では初めて販売をする「タピエスタイル」のアクセサリーです。
「タピエスタイル」はクリエイターが作ったアクセサリーをご用意しています。刺繍や天然石のネックレス、中には「花鳥風月」をイメージしたイヤリングなどもあります。
美術館スタッフも興味津々。中にはすでに購入したスタッフもいるんですよ。