3月25日(月)/新刊本のご紹介!

美術館スタッフIです。
今日は、今月発売された久保修先生の新刊本「久保修 切り絵画家の半生」(淡交社)のご紹介です。先生にとって20冊目の記念すべき本で、なんと初めて先生ご自身の顔写真がカバー表紙になりました。
先生曰く、「嫌な方はのためにカバーは外すと本表紙は作品になっています。」と。(笑)
作品はもちろんのこと、エッセイも楽しんでお読みいただけます。
切り絵を初めて48年、今年68歳の先生。~自分一人では進めなかった人生。人との出会いの力はあまりにも大きく、多くのチャンスを与えてもらった~と語ります。ぜひ、会場でお手にとってご覧ください。
4月7日(日)まで開催中です。お見逃しなく!