• TEBACO
frame
frame
frame
frame
下へスクロール
下へスクロール

夏は暑くて、冬は寒い。

そんな京都だからこそ、先人は五感を研ぎ澄ませ、

季節を味わい尽くす知恵と文化を育んできました。

TEBACOは、この土地が培ってきた

「時の移ろいを楽しむ心」に触れられる場所。

空気の変化を敏感に感じとり、

その時々にささやかな楽しみを見つけることで

何気ない毎日が、かけがえのない宝物になる。

そこに生まれるのは、玉手箱を開けるときのようなワクワク感。


あなたなら、どんな風に今を楽しみますか。

日常をかがやかせる「季節遊び」のエッセンスを

TEBACOで一緒に見つけませんか。

最新のTEBACO

今回のTEBACOのテーマは「福寿」。

「季節を分ける」ことに由来する行事、節分。
それは寒さや陰気、病気や災害の象徴である「鬼」を祓い、「福」を招き呼んで明るい春の陽気を迎え入れる準備をすること。
自分の中のいろいろな「鬼」も楽しく打ち払い、この1年を幸せに過ごせるよう願って。 TEBACO流の春支度を一緒に見つけませんか。

ジェイアール京都伊勢丹

3階=ザ・ステージ#3

営業時間 午前10時〜午後8時

TEBACOのクリモ

TEBACOには、季節を楽しむことが大好きな人がいます。
クリモ(栗栖と森)を中心とする私たちと一緒に、
季節の移ろいを感じたり、古来からの歳時記に学んだりしながら、
今日の暮らしを豊かにするヒントを見つけませんか。

TEBACOクリモのとっておきの一枚
TEBACOクリモのとっておきの一枚

東大寺の故清水公照老師が描かれた節分の絵。現代に伝わる節分の豆まき・鬼退治のルーツとされる宮中の行事、「延喜式」に用いた「土牛童子」がモチーフです。カラフルで楽しげな童子たちを眺めていると、明るい気が舞い込んでくる気がします。

店頭でもご覧いただけますので、ぜひお越しくださいませ。