展覧会概要

至福のひとときを!
2000点以上におよぶ村上和美さんのアンティーク・デミタス・コレクションより、厳選した約400点を展示。


「デミタス」は、濃い目のコーヒーを飲むための小さなコーヒーカップです。19世紀のヨーロッパにコーヒー文化が浸透すると、エスプレッソをはじめ飲み方のバリエーションが広がり、デミタスの需要も高まります。当時の流行を反映したもの、“超絶技巧”ともいえる繊細な装飾をあしらったもの、贅を尽くしたもの、大胆なかたちのものまで、多彩なデザインが生まれました。本展は、デミタスが多く作られるようになった19世紀後半にヨーロッパでブームになったジャポニスムや、アール・ヌーヴォー、アール・デコを取り入れた作品を中心に、個性きらめくカップ&ソーサーたちを紹介します。掌にのる小さなサイズに作り手の想いと技巧をぎゅっと閉じ込めた、アンティーク・デミタスの豊かな世界をお楽しみください。

左:コールポート(1881~1890年)《金プラチナ彩菊花文カップ&ソーサー》
中央:マイセン(1860~1880年)《貼りつけ花鳥とスノーボール蓋付きカップ&ソーサー》
右:ロイヤルウースター(1880年頃)《金彩ジュール透かし彫りカップ&ソーサー》

本展覧会は事前予約不要ですが、混雑状況により入館をお待ちいただく場合がございます。
予めご了承ください。

会期

2020年11月28日(土)~12月25日(金) ※会期中無休

開館時間 午前10時00分~午後7時30分
入館締切 閉館30分前
入館料(税込)
一般 900円(700円)
高・大学生 700円(500円)
小・中学生 500円(300円)

※( )内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引。

前売券

【販売期間】2020年10月31日(土)~11月27日(金)
【販売場所】チケットぴあ(Pコード685-376)、ローソンチケット(Lコード52790)
※美術館チケット窓口では前売券の販売はございません。

主催

美術館「えき」KYOTO、読売新聞社

監修

岡部昌幸(帝京大学教授)