展覧会概要

京都における日本画は、「京都画壇」として多くの人材を輩出し、今日に至っています。また、日本画の世界を通じて育った人材は、京都に伝来する美術、工芸、産業振興に広く深くかかわり、その基礎的部分を形成しています。「京都 日本画新展」は、日本画を志す若手作家たちが、生き生きと日本画を描くことを応援し、その活躍の場のひとつを提供しています。2018年度からは、京都府、京都市、京都商工会議所が共催となり、より地域に根差した日本画展をめざしています。
本展は、京都を中心に活動している、あるいは京都にかかわり深い20~40歳代の39名の作品を展示します。

◎大賞

石橋志郎『Tone』

●優秀賞

池上真紀 『慈光』

楊 喩淇 『雨火花』

〇奨励賞

京都府知事賞
峯石まどか 『孔雀』

京都市長賞
清水葉月 『帳』

京都商工会議所会頭賞
井上 舞 『ソノサキ』

会期

2021年1月29日(金)~2月8日(月)※会期中無休

開館時間 午前10時~午後7時30分(最終日は午後5時まで)
入館締切 閉館30分前
入館料(税込) 無料
主催

西日本旅客鉄道株式会社、京都新聞

共催

京都府、京都市、京都商工会議所

協力

文化庁 地域文化創生本部

後援

京都府教育委員会、京都市教育委員会、KBS京都、エフエム京都