展覧会概要

フランスの国民的写真家ロベール・ドアノーは、パリを舞台に多くの傑作を生み出し、世界で最も愛され続けている写真家のひとりです。本展はパリの街角にあふれるシャンソンやジャズなど様々な音楽シーンを題材に1930年代から90年代にかけて撮影された、ドアノー独自の音楽的感覚に富んだ作品約200点で構成されます。2018年末から2019年春にかけてフランス・パリ19区にある“フィルハーモニー・ド・パリ”内の音楽博物館で開催され大好評を博した展覧会を基に、日本向けに再構成された巡回展です。

フライヤー画像(クリックすると拡大します)

作品リストはこちら

●作品解説動画/本展の企画のプロデューサーである佐藤正子さんによる作品解説。

第1回目は≪パリ祭のラストワルツ≫ 1948年7月14日に撮影された写真です。
▶ 第1回目 動画はこちら

第2回目は本展メインビジュアルの作品≪音楽好きの肉屋≫です。
▶ 第2回目 動画はこちら 11.22.UP

・作品解説動画/第3回目(近日公開予定)
・作品解説動画/第4回目
・作品解説動画/第5回目
・作品解説動画/第6回目
・作品解説動画/第7回目

●展覧会紹介動画/会場風景をチラリご紹介いたします。
▶ 会場風景動画はこちら

※展示作品やイベント内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。

本展覧会は事前予約不要ですが、混雑状況により入館をお待ちいただく場合がございます。
予めご了承ください。

ドキュメンタリー映画上映
『パリが愛した写真家 ロベール・ドアノー〈永遠の3秒〉』
(2016年制作/80分/G/フランス/配給:プロ―ドメディア・スタジオ)


上映期間:2021年12月10日(金)~16日(木)11.22.UP
上 映 館:京都シネマ(四条烏丸下るCOCON KARASUMA 3F)TEL075-353-4723

料 金:一般1,300円 ※展覧会の半券提示で、1,000円になります。
※上映スケジュール、各種料金などは上映館にお問合せください。

会期

2021年10月23日(土)~12月22日(水) ※会期中無休

開館時間 午前10時~午後7時30分
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
入館締切 閉館30分前
入館料(税込)
一般 1,000円(800円)
高・大学生 800円(600円)
小・中学生 600円(400円)

※( )内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引。

前売券

【販売期間】2021年8月28日(土)~10月22日(金)。
【販売場所】美術館チケット窓口(休館日を除く、10月17日(日)まで)、京都駅ビルインフォメーション、チケットぴあ(Pコード685-660)、ローソンチケット(Lコード52562)。

主催

美術館「えき」KYOTO、京都新聞

協力

アトリエ・ロベール・ドアノー

後援

在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本、FM COCOLO

企画協力

コンタクト