展覧会概要

長い歴史の中で絶えず守られてきた日本を代表する伝統文化「能」は、奈良時代に大陸から渡来した「散楽」が源流となり、室町時代に世阿弥によって大成されました。演能に用いられる「能面」は一見、無表情に見えますが、舞台では多くの表情を持ち、見事なまでに人間の心理を表現しています。私たちは、その不思議かつ洗練された美しい世界に魅了されます。
本展では、世界的な能面の愛好家であり研究者でもある、スティーヴェン・マーヴィン氏の貴重なコレクションを中心に、金剛家、篠山能楽資料館の歴史ある能面100面を一堂に展覧いたします。幽玄の美である能面の芸術を、ぜひご堪能ください。

フライヤー画像(クリックすると拡大します)

※展示作品やイベント内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。

本展覧会は事前予約不要ですが、混雑状況により入館をお待ちいただく場合がございます。
予めご了承ください。

会期

2022年1月2日(日)~2月6日(日) ※会期中無休

開館時間 午前10時~午後7時30分
※但し、百貨店の営業時間に準じ、変更になる場合がございます。
入館締切 閉館30分前
入館料(税込)
一般 1,000円(800円)
高・大学生 800円(600円)
小・中学生 600円(400円)

※( )内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引。

前売券

【販売期間】2021年10月2日(土)~2022年1月1日(土・祝)
【販売場所】美術館チケット窓口(休館日を除く、12月22日(水)まで)、京都駅ビルインフォメーション、チケットぴあ(Pコード993-291)、ローソンチケット(Lコード54591)

主催

美術館「えき」KYOTO、京都新聞、日本経済新聞社

後援

京都府、京都市

特別協力

マーヴィン・コレクション、金剛宗家、篠山能楽資料館

協力 文化庁 地域文化創生本部、京都文化力プロジェクト、和歌山県立博物館、大月光勲(能面師)
監修 金剛永謹、スティーヴェン・マーヴィン、中西 薫
タイトル書 川尾朋子