樂雅臣 あとかた 石器
“Traces” Stone bowl 2023


樂直入 焼貫茶碗・巖
Black rock /
Black rock teabowl yakinuki type 2023

展覧会概要

「石が土となり、また土は石となる」のは地質学的時間、つまり循環する宇宙時間のなかで起きている。この石と土との間で、人類はやくという行為によって器を制作してきた。すなわち「やきもの」である。京都の地において、初代長次郎(1589年没)を祖とする樂家に、茶碗という究極の造形の存在に対して、石から、土からそれぞれのアプローチを行っている2人の芸術家がいる。
初代長次郎は千利休の侘び茶の心を汲み、装飾的要素を排除した、画期的な赤と黒の樂茶碗を創出した。それから約450年。樂直入(1949-)はこの石と土との関係性のなかで、様々な挑戦を行ってきている。2019年に15代樂吉左衞門から樂直入へと改名した後は、侘び茶の思考や伝統から離れて、京都市の最北端、山間の小村に住まいし、純粋造形としての茶碗の制作に没頭している。そして2022年には「White rock」と仮称される茶碗の展覧会をロンドンとドーハで発表した。始め仮称であった「白い巖石みたいな茶碗」即ち「White rock」の名称は、今では海外でも広く認知されている。「White rock」があれば当然「Black rock」もある。本展ではその両方が出品される。
樂直入の次男である樂雅臣(1983-)は石の彫刻家として知られているが、2023年には長年構想してきた「石器」シリーズを発表した。溶結凝灰岩から茶碗の造形を彫り、さらに焼成することにより、溶融と非溶融の状態となり、不動であるはずの存在が重力によってわずかに動く彫刻作品。そこには、石と土との関係性において、雅臣がかつて発表した「輪廻」、「Stone box」シリーズと同様に、輪廻というテーマがある。直入は雅臣の作品を「まるで地底から湧き起こった様に太古からそこに存在したかのような佇まいをしている」と評している。
本展では樂雅臣の新作「石器」シリーズの彫刻作品と樂直入の「Black rock」、「White rock」の茶碗などを中心に展観する。

Stone becomes clay, and clay returns to stone. These processes occur in geological time, the time of cycles on a cosmic scale. In less than the time it took for stone to become clay or clay to become stone, humans worked out how to fire pots. In Kyoto, two present-day artists of the Raku family of potters descended from Chojiro Raku (d. 1589) are both inspired by the tea bowl as the ultimate expression of sculptural aesthetics, but each has approached this challenge in a very different way, one working in stone, and the other in clay.

Appreciating the minimalist aesthetic of Sen-no-Rikyu’s wabi-cha tea ceremony, it was the first Chojiro Raku who created the innovative red and black raku-ware tea bowls that eliminate all decorative elements. Some 450 years later, Jikinyu Raku (b.1949) has been exploring new ideas concerning the tea bowl in the context of this relationship between stone and clay. In 2019 he stepped down from his role as the 15th generation Kichizaemon Raku and adopted the name Jikinyu. Since then, he has distanced himself from the wabi-cha philosophy and tradition, relocating to a small community in the hills at the northern extreme of Kyoto City to concentrate on creating tea bowls purely as sculptural forms. In 2022, he exhibited some of his new works in London and Doha, provisionally titling them White rock. This name caught on, and his White rock series is now well known. But if there is a “White rock,” it is only natural for there to also be a “Black rock.” The current exhibition presents both these series.

Masaomi Raku (b. 1983) is Jikinyu’s second son. Masaomi has built his own reputation as a sculptor working in stone, In 2023, he first exhibited his long-planned Sekki (Stone bowl) series, presenting sculptural works in the form of tea bowls carved from blocks of the stone known as welded tuff, and then fired like pottery. When fired, parts fuse and other parts remain unfused, with the result that an object normally thought of as unmoving is reshaped slightly in the kiln by the pull of gravity. In the relationship between stone and clay, these works embody the transmigration theme that also informs his earlier Transmigration and Stone box series. Jikinyu describes Masaomi’s works as “having the presence of something that has emerged from deep underground, where it had lain since time immemorial.”

This exhibition brings together recent works by these two artists, focusing on sculptural works from Masaomi Raku’s new Sekki series and tea bowls from Jikinyu Raku’s Black rock and White rock series.



樂 雅臣

1983年、樂家15代直入の次男として生まれる。2008年東京造形大学院美術研究領域造形研究科修了。石を彫刻することで人工物として支配する事なく、自然をいかし、造形と共存した作品を表現する。これを「石の中に表現を、表現と共に自然を」という自身の言葉に込め制作する。
主な個展に美術館「えき」KYOTO、石川県立美術館での「彫刻家 樂雅臣展」(2017)、京都の賀茂別雷神社「樂雅臣個展」(2015)・「石器 石から器を」(2023)など。ヴェネチア・ビエンナーレにあわせ開催されるPalazzo Fortunyでの特別展「PROPORTIO」(2015)・「INTUITION」(2017)にノミネートされ出品。海外でも広く活躍する。2018年京都市芸術新人賞受賞。

Masaomi Raku

Born in 1983 in Kyoto Prefecture. Rather than cutting into stone to dominate it and produce something that is largely the result of human intervention, his practice focuses on following the will of nature, creating works that are in harmony with the forms produced, guided by his aim “to find expression in stone, and to respect nature in the act of making.” The Transmigration series of his twenties has themes relating to the law of life, and the Stone box series of his thirties expresses the transmigration brought by birds through box-like motifs that resemble beaks. Entering his forties in 2023, he has commenced a new Sekki (Stone bowl) series that continues the same transmigration theme, now expressed as bowls carved from stones, applying techniques such as firing the stone like pottery.

樂 直入

1949年、樂家14代覚入の長男として生まれる。1973年東京藝術大学彫刻科卒業後、イタリア留学の後、作陶に入る。覚入没後、1981年15代吉左衞門を襲名。樂家は桃山時代、樂茶碗を創造した初代長次郎以来、450年の歴史と伝統を継ぐ陶家。直入は、伝統に立脚しながら安住することなく、常に斬新な感覚を示す造形世界を表現し続けている。1990年個展「天問」に於いて、「焼貫」の技法を駆使し、大胆な箆削りによる彫刻的ともいえる前衛的な作風を発表、その衝撃的な出来事は今では伝説となっている。その後も作風は停滞することなく変化し続け、近年は、「White rock」,「Black rock」と称する茶碗に取り組んでいる。これらは佐川美術館「吉左衞門X展」、ロンドンのアネリー・ジュダ・ファイン・アートをはじめ、海外で発表されている以外、国内では佐川美術館につづき、本展での公開となる。
*2019年7月8日に代を譲り、「吉左衞門」から「直入」に改名、戸籍を改めた。

Jikinyu Raku

Born in 1949 as the first son of the 14th head of the Raku family, a family of potters with an unbroken line of history and tradition stretching back 450 years to the master potter Chojiro Raku who created the Raku tea bowl in Japan’s Momoyama Period. In Tenmon, Jikinyu’s first solo exhibition (1990), he presented avantgarde works that could perhaps be described as sculptural, using the yaki-nuki technique of thin glazing on a bowl boldly cut with a spatula. More recently, he has been producing works in his White rock series and Black rock series. While standing firmly in the camp of traditional Raku techniques, he does not allow himself to become complacent, continuing to produce works that can be considered sculptural, demonstrating his ever-novel sensitivity. His personal style continues to evolve today.

写真はすべて Photo by Jörgen Axelvall

■関連イベント

ナイト・ミュージアム 予定枚数を終了いたしました。
樂雅臣さんと京都国立近代美術館 研究員 宮川智美さんをお迎えし、展示作品や制作についてお話しいただきます。
□会場:美術館「えき」KYOTO(美術館内)
□日時:2024年1月13日(土)20:00~20:50
※受付時間=19:45~20:00(美術館入口付近にてお集まりください)
□定員:25名(参加は18歳以上の方に限ります。お子さまの同伴不可)
□参加料金(イベント時の入館料含む/税込):お一人さま1,500円
□参加方法:2023年12月2日(土)10時よりローソンチケットにて販売
定員になり次第販売終了

■「石をやく 土をやく 樂雅臣 樂直入」「新春展 うたと樂焼」相互割引

「石をやく 土をやく 樂雅臣 樂直入」期間中に、樂美術館、美術館「えき」KYOTOにて入館券(未使用チケットも可)をご提示いただくと下記割引となります。

➀美術館「えき」KYOTOチケット窓口にて
樂美術館「新春展 うたと樂焼」入館券をご提示で
□「石をやく 土をやく 樂雅臣 樂直入」当日料金より100円割引(1名さま)

➁樂美術館にて
美術館「えき」KYOTO「石をやく 土をやく」入館券をご提示で
□「新春展 うたと樂焼」一般料金1,000円より100円割引(1名さま)
割引期間:2024年1月6日(土)~1月29日(月)
※「新春展 うたと樂焼」開催期間は1月6日(土)~4月21日(日)
休館日:月曜日(但し祝日の場合は開館)
樂美術館HP https://www.raku-yaki.or.jp

フライヤー画像(クリックするとPDFが立ち上がります)

※展示作品やイベント内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。

本展覧会は事前予約不要ですが、混雑状況により入館をお待ちいただく場合がございます。
予めご了承ください。

会期

2024年1月2日(火)~29日(月) ※会期中無休

開館時間 10:00~19:30
入館締切 閉館30分前
入館料(税込)
一般 1,000円(800円)
高・大学生 800円(600円)
小・中学生 600円(400円)

※( )内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引。
※高・大学生の方は学生証をご提示ください。

前売券

【販売期間】2023年11月3日(金・祝)~2023年12月31日(日)
【販売場所】美術館チケット窓口(12月25日(月)まで)、京都駅ビルインフォメーション、チケットぴあ(Pコード994-365)、ローソンチケット(Lコード52829)

主催

美術館「えき」KYOTO、京都新聞

特別協力

公益財団法人樂美術館

企画協力

出川哲朗(大阪市立東洋陶磁美術館名誉館長)

クリエイティブ
ディレクター

おおうちおさむ

総合プロデュース

井村優三

企画制作

イムラアートギャラリー

■Museum「EKi」KYOTO (Kyoto Station Building 7th Floor)
■Exhibition dates: Tuesday,January 2nd. 2024 to Monday, January 29th,2024 (open every day)
■Opening Times: 10:00 am to 7:30 pm (latest entry 7:00 pm)
■Entry fee (tax incl.): General 1000 yen (800 yen), high school and university students 800 yen (600 yen) *Present your student ID, junior high school and elementary school students 600 yen (400 yen).
Please note that prices indicated in brackets apply to advance purchase tickets.
■Advance purchase ticket sales dates:Friday/public holiday,November 3rd. 2023 to Sunday, December 31 , 2023
Advance tickets may be purchased at Museum「EKi」KYOTO (Friday/public holiday,November 3rd. 2023 to Monday, December 25th , 2023), or through Ticket PIA (P-Code 994-365), Lawson Ticket (L-Code 52829) and other major ticket sellers.