展覧会概要

「京都 日本画新展」は、日本画を志す若手作家の創作活動の奨励・支援を目的として2008年度に創設され、以来若手日本画家たちの自由な表現の場として、また同世代作家たちとの研さんの場として毎年開催してきました。本年も受賞作をはじめ、推薦を受けた20~40歳代までの30作家の意欲的な新作を、推薦委員を務める日本画家の作品とともに一堂に展観します。伝統と文化が今なお根づく京都から、作家たちとともに作り上げる日本画の「今」をご覧ください。

This exhibition was established in 2008 with the goal of encouraging the activities of younger generation of Japanese painting artists. We’d like to continue our exhibition together with the aspiring new generation of artists that is unique to Kyoto.

フライヤー画像(クリックすると拡大します)

ギャラリートーク

会期中、作家が自身の出品作について解説するギャラリートークを実施します。
作品の背景や作家の想いなど、作品展や作品の新たな見方や楽しみ方が広がる機会です。

スケジュール

  12:00 13:00 14:00 15:00 16:00 16:30
2月2日(金)       河嶋菜々    
2月3日() 古谷優加子 中村七海 原田有希 竹歳和真 辻脇怜奈  
2月4日()   花本鈴子 上西樹 伴鈴子 田中達也 及川美沙
2月5日(月)            
2月6日(火) 山部杏奈 竹内茉利 小熊香奈子 高山紀久恵    
2月7日(水)            
2月8日(木)            
2月9日(金)            
2月10日()   石原葉 山元麻衣 岸田尚子 西田香織  
2月11日(日・祝)   竹下麻衣   竹村花菜 宇野加奈子  
  12:00 13:00 14:00 15:00 16:00 16:30

※各20分目安
※上記スケジュールは、状況により予告なく変更の可能性があります。
※場内が混雑する場合、入場制限を行う場合がありますので予めご了承ください。

■推薦委員(敬称略、五十音順)
石股 昭(奈良芸術短期大学教授)、雲丹亀 利彦(京都精華大学教授)、大沼 憲昭(嵯峨美術大学教授)、川嶋 渉(京都市立芸術大学教授)、西久松 吉雄(成安造形大学名誉教授)、村居 正之(大阪芸術大学教授)

■選考委員(敬称略、五十音順)
内田 あぐり(日本画家、武蔵野美術大学名誉教授)、大野 俊明(日本画家、成安造形大学名誉教授)、澤田 瞳子(小説家、同志社大学客員教授)、下出 祐太郎(蒔絵師、京都産業大学名誉教授)、村上 良子(紬織作家、重要無形文化財保持者)

■出品作家(敬称略、五十音順)
荒木 百花、石原 葉、宇野 加奈子、及川 美沙、小熊 香奈子、河嶋 菜々、岸田 尚子、合田 徹郎、後藤 吉晃、清水 薫、上西 樹、高山 紀久恵、竹内 昌二、竹内 茉利、竹下 麻衣、竹歳 和真、竹村 花菜、田中 達也、辻脇 怜奈、仲村 葵、中村 七海、西田 香織、花本 鈴子、原田 有希、伴 鈴子、古谷 優加子、前川 祥子、山部 杏奈、山元 麻衣、吉田 松之助

※展示作品やイベント内容が変更、または中止になる場合がございます。予めご了承ください。

本展覧会は事前予約不要ですが、混雑状況により入館をお待ちいただく場合がございます。
予めご了承ください。

会期

2024年2月2日(金)~11日(日・祝) ※会期中無休

開館時間 10:00~19:30(最終日=午後5時閉館)
入館締切 閉館30分前
入館料(税込) 無料
主催

西日本旅客鉄道株式会社、京都新聞

共催

京都府、京都市、京都商工会議所

後援

京都府教員委員会、京都市教育委員会、KBS京都、エフエム京都

■Museum「EKi」KYOTO (Kyoto Station Building 7th Floor)
■Exhibition dates: Friday, February 2, 2024 to Sunday, February 11, 2024 (Open every day)
■Opening Times: 10:00 am to 7:30 pm (Last day: Close 5:00 pm)
■Admission deadline: 30minutes before closing
■Entry fee (tax incl.): Free of charge