ナイトミュージアム、ギャラリー・トークを行いました!

美術館スタッフIです。
「神話の世界」展もいよいよ会期後半に入り、10月27日にはナイトミュージアム&スペシャルトーク、11月3日にはギャラリー・トークが行われました。
10月27日のイベントでは、SNSでも人気の古代ギリシャ・ギリシャ神話研究家の藤村シシンさんにお話しいただきました。本展ポスターに使用している《狩の女神ディアナ》を見ると、ディアナが履いているサンダルは実際の古代ギリシャで履かれていたものとは形状が違うということや、現在の私たちがイメージするギリシャ神話へと積み重なっていく過程など、古代ギリシャ史の視点で語られるお話は古代の話でありながら新鮮味あふれるものでした。(ちなみにこの日の衣装は「古代ギリシャの貴族の秋の装い」がテーマだそうです!)

11月3日のギャラリー・トークは本展を企画された群馬県立近代美術館学芸員の佐藤聖子さんにお話しいただきました。本展では西洋近代の美術を展示していますが、なぜこの時代にギリシャ・ローマ神話というテーマが選ばれたのか、一見神話に関係ないような作品もある部分に注目してみると古典古代や神話の要素が隠れていたり、美術史の流れから見ると過去の神話を主題とした作品の影響を受けていたりなど、本展をより楽しむための知識をお話しいただきました。
本展に関連するイベントはこれで終了しましたが、展覧会は17日(日)まで開催しています。
みなさまのお越しをお待ちしております。