「モンパルナスのプリンス」がやってきました。


美術館「えき」KYOTO、久々の西洋絵画の展覧会です。
100年前のパリで「モンパルナスのプリンス」と呼ばれ、時代の寵児となったキスリングの初期から晩年までの作品をご紹介します。
鮮やかな色彩の静物画や艶やかでメランコリックな人物画をお楽しみください。

ポスターに掲載されている《ベル=ガズー(コレット・ド・ジュヴネル)》で彼女が着ているドレスですが、今回札幌にある北海道ドレスメーカー学院の学生さんたちが再現したベル=ガズーのドレスを通路展示しています。こちら自由に撮影いただけますので来館の記念に是非カメラにおおさめください。
(ドレスがどこか見覚えのある柄ですが、似ているだけで関係はございません…)

また、今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のためギャラリートーク開催を断念いたしましたが、お家にいても楽しめるものを企画中ですので改めてお知らせいたします!