煌めく截金の世界をご堪能ください。


2021年は「京の至宝Ⅱ 江里佐代子 截金の世界―そらの輝きを康慧・朋子とともにー」
でスタートいたします。
2002年に截金の人間国宝(重要無形文化財保持者)に認定された江里佐代子氏(1945-2007)の作品を中心に、夫で仏師の康慧氏、娘で截金師の朋子氏や工房の職人の方々による作品を展覧いたします。

展覧会初日の1月2日は江里康慧さん、朋子さんもお越しくださり、多くのお祝いの花が届くなか、晴れやかな雰囲気での開幕となりました。

本展覧会は1月24日(日)まで(入館締切 午後7時、閉館は午後7時30分)。
一本一本、細く截られた箔によって生まれた厳かで華やかな截金の世界をご覧いただき、継がれる截金のわざとこころを感じていただければと思います。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、入館の際、マスクの着用・検温・手指の消毒をお願いしております。